日々の心模様
移りゆく心の模様を書き留めるぺえじ。 人の心は混じり合って複雑に。 ――いつかあなたも交わるでしょう――
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィリピンへのドネイション(日本男児編)
昨日、友人に誘われてゴーゴーバーに行った。
久しぶりの店内はうら若きゴーゴーガールズでいっぱいだった。
お客さんも、昔の若者でいっぱいである。
日本人も多数ご来店のようで、商品も飛ぶように売れている。
この手の店はずいぶん繁盛しているが、最近行ったカラオケの店は、すでに廃れてしまったのか、閑古鳥が鳴いていた。
欧米諸国に習い、性の直接売買が日本人にも浸透してきたなという感じがする。

"経済大国"なんていわれちゃいるが、俺の親父の時代は、今のフィリピンよりひどいかったと聞ている。
いまから35年前。
忘れもしない。
わたしの最初の手取り給料が15000円だった。
そんな日本だけが、タレントダンサーを出稼ぎの労働者として、同等かつ愛すべき可哀想な女性として、扱い育んで来た。
なんせ日本人は、野麦峠なんて映画が出来るような歴史を持つ、戦前戦後を貧乏の貪底から立ち上がって来た悲しい国民なのだ。

今のフィリピンの給料が一月8000ペソ(約15000円)。
日本からすると約30年遅れてる給料ベースだ。
一般的に海外ではホステス、ダンサーといえば売春婦のことを言う。
彼女達の欲しい物はテレビの中にある。
今働いている女性は、物欲や貧乏、子沢山のため、生活の為にがんばってはいるが、持ってる物は体一つ。
目と目が合えば笑顔を振りまく彼女達のたくましさ。

女の一生の中で18~24~25才(も少し上もいるが)といえば女の盛り。
そんな旬な一番おいしい所を頂くのです。
デスカウント・値引きなんて言わないで、気に入った女性が居たなら一杯おごってやり、話やダンス、タガログ語のお勉強をしながら楽しくマニラの夜に酔い、女をくどき、意気投合し一夜のアバンチュールを…。

道徳の良し悪しは別にして、お金持ちの皆さん。
けちな事を言わないで大いに高く買ってあげましょう。(笑)
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。