日々の心模様
移りゆく心の模様を書き留めるぺえじ。 人の心は混じり合って複雑に。 ――いつかあなたも交わるでしょう――
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一月三回目の更新です
今アンギレスと言う地名で所はバリバゴの裏道りに約6ヶ月在住し色いろな市場調査を終え次の新地へ行こうとしている。
市場調査と言うのは、自分の仕事を何に絞って展開するかを決める為のもので、少しでも可能性のあること全てを網羅し情報を集めているのです。
この地の調査の感想としては、フィリピンと言う国は、良くも悪くも、ほとほと女性の力で成り立っている国だなー!ということです。
売り物としての女、売る側の女、国の宝は女、この国の主は女、女性主導の家庭、女
が働き、稼ぎ、国を引っ張る、女性がこの国のライフスタイルを形成する。
この国の女性パワーたるやすさまじい物があり、また私としては頭の下がる思いがします。
一件矛盾があるように思えるが、この国の現実であり、有り様である。
フィリピン、ルソン島の第二の都市と言われるアンギレス、やはり米軍主体に発展した経緯がありその影響は否めない。
バリバゴと言われる地域は米軍兵士の遊び場として発展した区域で今でもゴーゴバーを中心にして観光産業を発展させている。
今いろんな国の人々により投資がなされているが、特に韓国人の投資と進出が目覚ましい。
韓国人投資家は、フレンドシップと言う地域におもに投資を行ない、韓国街に変貌させつつある。
ホテル、レストラン、バー、スパサウナ、家具、調度品、雑貨、等々道路を挟み両側に色いろな展開を見せている。
この地の商売の主役はどうも外国人オーナーが握っていて、ゴーゴーバー等にしても何名かのオーナーシツプで運営し、1店に4人のオーナーと言うのも珍しくない。
このオーナーシツプに名を連ねる日本人も、数人あることも解かった。
何故このような形態になったかに就いても、調査したがこのゴーゴーバーと言う売春女性をバーファインという形態で斡旋する、と言う商売の特殊性にあるのだと言う事もわかつて来た。
ようは、リスク分散であり、名義上の社長はフィリピン人であり、お金を出すのはオーナシップの外国人であり、時々行われる警察の取り締まりにより店が閉鎖される時の用心と1人に責任が特定されず、身体が拘束された時に、担当者に賄賂を渡したり警察にコネクションを作り、様な手段で対抗し生き延びる為に、リスクを分散しておくと言うのがこの趣旨のようだ。
オーナーとして多いのはやはり米国人であるが、ついでスェーデン人が多いのに驚かされる。
ここバリバゴでは、ホテル、バー、レストラン等、外国人オーナーにより運営されている店が多い。
私が市場調査を始めてからもホテルが何件かオープンした。
値段も段々高騰し始め、新しいホテルだと最低値段がUSドルで60ドルから100ドルなんて所も出てきた、しかし中級ホテルではだいたいペソでいけば1500ペソ位が平均であろう。
ここバリバゴの、地区界隈を見る限りでは、現状大いに発展しつつあると言えるだろう。
客層も千差万別アジア系、ヨーロッパ系、アメリカ、カナダ、南アメリカ、アフリカ、イギリス、ドイツ、ドバイ、トルコ、アラビア圏からもやつて来る。(夜の街で知りあった友人の国籍である)
もちろん日本、韓国、中国は、言うに及ばずと言う所であろう。
夜のお遊びとしてのバーホッピングをするならもう完全にマニラを抜いている。
バリバゴのメインストリィートには約60件のゴーゴバーが連なりその周辺やフレンドシップあたりまでのクラブを含めると、200件以上の社交女性を置いたクラブ、カラオケ、ゴーゴバーがひしめき合い、そこに働く女性の数と言えば軽く8000人以上と言われる(数えたわけではない)。
店のレベル的には(アイデアや内装設備)に関して言えばマニラに少し劣ると言わざるおえないが店の数や、ダンサーの数は一軒あたり圧倒的に勝っている。
それにこの界隈には多くツーリストポリスも配置されており、夜の安全も確保されていて、夜遅く1人で歩いても治安的には心配しないで良いと思われる。
ガバメントサイドも観光客の安全を意識し、かなりの気の使いようである。
何故なら一夜にして観光客の落とすお金は、相当額にのぼり、これらの収入は回りまわって彼らの懐を潤しフィリピンの一般的な商売の何倍にも達し、市の関係者及び税収入は、比較にならないであろう事は予測できるし収入源として、軍や飛行場に頼らず、一大歓楽産業を形成して行きそうな形相を呈している。
しかしその他の商業形態は、女偏を除くと大変お粗末としか言いようが無い。
ネポと言われる地元商店街は、中国やらタイランドからの安物衣料で構成され、コピー物や壊れかけのおもちゃを大量に売っている。
方や地元市場と言われる、食料を扱うパブリックマーケットは、不衛生で、ハエとごみの中にあるようだ。
モールの中では、携帯電話や機器も売ってはいるがその場限りでメンテナンスと言う意識が無く、壊れたら知らん振りである。
また、露店では、大量の粗悪くCD(コピー映画)が売られ1枚50ペソからの値段で地元人の人気商品でもある。
最近クラーク基地の側にSMモールが出来、地元の人や観光客に好評をえてはいるが、売れて儲かると言うにはいまいちのようだ。
飲食店はその中でも客が入り元気が有るが、やはり外国人ご用達と言う所でしょう。
何故なら国民所得が少なく地域の人たちの購買力がまだまだ低い事による現象で、収入に観あつた発展となるでしょう。
この6ヶ月色いろ見聞きした調査の結果、面白いデータも沢山残った。
ここはそろそろお終いにして、次なる目的地スービック、オロンガポのリゾート地、海辺の町に行こうと思う。

スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。