日々の心模様
移りゆく心の模様を書き留めるぺえじ。 人の心は混じり合って複雑に。 ――いつかあなたも交わるでしょう――
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うれしい訪問者
サランゴーラ(日本で言う風に乗せて舞い上がる、たこ、の意味)さんの主催するオフミで知り合った通称メラルコさん、もうじき出来まか?と訊ねてくださった異国で知り合った日本人こんな声賭けにもとてもうれしい気がした。
泣きそうな気持ちを抑えもうじきですと笑顔で答える。
問題山積な現実も不意に訪れた和やかな会話でしばしの休息、ありがとうございました。
しかしこの後またとんでもない出来事が起こる。
工事がまたストップ、工事の責任者が仕入れ業者にお金を支払わないので材料が回収されてしまった。
最後の仕上げで一番大事なこの時になんと言うことだ!!
配線はあってもブレイカーが無い。タンクが有っても水道がつながらい。
トイレタンク(通称浄化槽)を作っても排水管につながっていない。
いずれも一番お金が掛かる所が、資金ショートで出来ないと来た。
また頭が痛い、とんでもない業者にはまってしまった。
仕方がないのでまた資金を出す破目になってしまった。
帰ろうとするワーカーを説得し、日給を私が出すことにし早く作業してくださいと頼み電気の配線工事人にはブレイカーを買って渡し、水道工事用に水道管を買った。
もうやけくそ!
今度は排水工事の許可までバランガイに自ら取りに言った。
ここでまたひと悶着、排水管がもう何年も壊れています、つなぎたいなら自分で直す工事をしなさい。
と言われ、公共のものはそちらの責任ではないのかと聞けば、それは知らないシティホールで聞いて!!!パーミットは出します(工事許可)が、ドネイションはお願いします。
この間ドネイションはして、終わりました、これはまた別です1書類に1度ドネイションはして下さい。
そんなあほな!3度目、300ペソの書類に3000ペソのドネイションをさせられ今度は市役所(シティホール)行き、道路を掘るレギュレイションと指導を受けに行きました。
ここでは書類に(コピーのみ)に3000ペソ、保証金3500ペソを取られ(何の保証金?)コンクリートの厚みは15センチ以上と言われたがそんな所は何処にもない、高速道路のコンクリート並みに作れだってこの仕様ならフィリピンの道路はピッカピッカ穴ぼこなんか出来ないよ。
建て前はいい加減にしてよ!お金がほしいだけなんでしょ!!!
多分掘り返したら見に来ていちゃもんを付けお金をたかられると実感した!!!
15センチの厚みのコンクリート代と、ワイロと、どちらを取るか、後で考えよ!!
どうも17日のオープンはまたもや延期となりそうだ。
前回オキュパンシーパーミットの話しをしました、出来上がりの最終コーナーで又問題が出ました今度はファイヤーオフィス(消防署)からです。
消火器を買えと言うのです、消火器は買って用意しましたといえば、裏口のドアの開ける方向が悪いだの、防火扉にしろだの、散々文句をう。
そんな話は聴いていないし、今更言われても!!
工事業者も消火器のことのみ教えられ、消防検査までに用意しろ、と言われて慌てて買ったのに、なのに、これでは駄目だと言うのです。
でもレギュレイションどうりです、と言えば消防署で買わないと駄目だと言う。
なぜなら他は信用できないとの事。
SMデパートで買いました、問題は無いと思います、あくまでいいはれば、担当者は怒って帰ってしまいました。
困った私は、前回の賄賂を渡したシティエンジニアに相談した。
返事は、3500ペソで消火器を買うか(SMでは1500ペソ)ワイロなら2000ペソで大丈夫との返事。
それなら最初からそう言えば良いのに、散々手間を取らせて!!
このバカヤロー(またまた失礼しました)
今日も一日疲れがドーと出た。

スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。