日々の心模様
移りゆく心の模様を書き留めるぺえじ。 人の心は混じり合って複雑に。 ――いつかあなたも交わるでしょう――
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィリピン人の金銭感覚
一般的にフィリピン人は働かないとか怠け者とか良く言われるが、少し見方が違う何故なら当店の例を紹介しょう。
一日160ペソで12時間ズーと働くいやとも疲れたとも文句を言ず、いやはや雇い主としては頭が下がる、しかし質と言う面ではかなり劣るのも事実です、見ている人が居なければ、すぐに他のこと等をやりだすし、立ち仕事のウエイトレスも平気でお客のごとく席に座る。
コックなど私が居なければ、やらなければいけない仕込みも止めて、すぐサボりだすどうもこの辺にフィリピン人は働かないとか怠けも者といわれる由縁がここにあるようだ。
それはどうもインテリジェンスの問題で、仕事とは何か、仕事に持つプライドとかやりがいを見失っているのだと思う.でもそれはあたり前かもしれない。
一日12時間160ペソの給料で誰が働く?私ならお断りだが、彼らはそれでも仕事が無い為、働きたいと言う。
今の私の望みは働き甲斐のある店にし、働きに見合ったサラリーを払える店にしたい。
希望はさておき、工事関係者もほぼ同じ、大工、シャカン、鉄筋工、全て若ければ200ペソ前後ベテランにして300ペソ前後暑い昼中にスコップと腕でセメントをこねる、見ていても大変な作業をこなす、食事も水も自分もちで、私なら到底出来ないことをやっている。
しかし知識レベルは低く、いわれたことをそのまま自分流(今までの経験と見てきた実績と感)でやるので、まともな仕事ではない。
これはこうする、こうしなければならないと、言う知識が無い、あくまでカンと経験がたより、そのために何度泣かされたか解かりません。
そんな彼らも性格は良く、ここをこうしてと頼めばそのようにしてはくれるが、意味を理解しないので、うわべだけの仕事になる。
しかし炎天下の中、仕事を成し遂げたワーカー達に、無事開店を向かえた今一番感謝している。
ベテランであっても一番ちゃらんぽらんのAさん、彼は1日320ペソで現場を仕切る、仕事の手順、買い物の手配から雑用までこなす、しかしこれとしてまともな物は出来ません。
出来上がれば中途半端なものばかり水道管の敷設など何処もかしこも水漏れを起こし、また最初からやり直し4回直して、やっとOKその彼がガス管まで敷設したので、あまりにも怖くなり専門の人に来てやり直してもらった(別途料金)しかしオールマイテイの彼も、給料がもらえないと知ったときの悲壮感は顔に出るほどのもので320X6=1920約一週間働いて日本円に換算して約5000円一ヶ月フルに働きベテランでも2万円この人件費は驚きと言わざる負えません。
ウエイトレスなどもっと悲惨1日160X6=960約2500円と言った所か?一ヶ月約1万円。
一般人は約この中間で一月約15000円くらいの所得だそうです。
日本人のアルバイトの所得が15万円くらいあるのと比べれば格差は10倍この国では1ペソは10円であり100ペソは1000円1000ペソは10000円の価値があります。
そこの所を良く理解しないとフィリピン人との交渉に失敗します。100万円で店が出来れば良いと思い簡単にポンと出せば貴方は本当の金持ちに見えます、1000万の大金を事も無し下にポンと出すのですから!!!私の場合もっと悪い工事代金として最初に頭金として30%450000ペソ約円換算で1130000円ぐらいフィリピン価値に換算すると1130万円ぐらいをポンと出す金持ち日本人に見られたのだろう。
その後がもっと悪い早く仕上げなさいと言う気持ちではあったが、仕上げが終わったら払うはずの20%セントを残し全額先渡しで、払ってしまったのだ。
なんと気前の良い施主に当たったのだろうと喜んだのは工事業者の社長だったと思う、この国の施主は払わなければならないものまで払わい。
また今度と1日延ばしに日延べする。
社長兼エンジニアのBさんはその為借金まみれ、思いがけなく大金をつかみ今までの借金を返し、また借りながら当方の物件を仕上げるつもり
だったのであろうが受け取った方はそうはおもはない、きつといいスポンサーが見つかりお金を稼いだと思い、貸付ではマテリアルは売らなくなり現金えとシフトを買えた。
その為経営は苦しくなり、ほんの少しずつのマテリアルの補充になり、やがては資金ショウトの為工事が出来なくなった。
普通で考えれば当方の資金を他に使うなどもってのほかで、とても商道に合っているとは思えないが、こちらの常識はこちらから貰ってあちらえまわす相身互いの相互関係が出来上がっている。
そのバランスを乱したのが金銭感覚のバランスを崩した日本人、自分の首を自分で閉めたに等しい。
郷に入れば郷に従え!いろんなフィリピン人に相談したがそんなアドバイスは一度ももらえなかった。
なぜかと問えば私達はお店を作ったことが無いし、事業を起こしたことが無いからと答え、いままでそんな事は知らないし聞いた事が無いと言う。
今回の工事業者を紹介したCさん、彼は金持ちで仕事も多く信頼できるエンジニアとして自信を持って紹介してくれたが、こんな事になるなんてとただいぶかしげに見るだけ、何故ならCさんとエンジニアの間には紹介料としてコミッションが支払われ既に決着が付いておりいまさら何を言われても感知しない紹介口利きは終わったので頼んだ人の自己任、何が起ころうと後は知らないと話もしてこない。
一番驚いたのはベテラン工のAさん、私が愚痴ってあなた方の給料も材料代金も全て払ってあるのになんとしたことだ!!と言った時、先払いにし、お金を渡した貴方が悪いと簡単に見透かされたことである。
この国にはこの国のスタイルがあるしこの国の金銭感覚がある、それを無視すれば自ずと自分に跳ねかえつて来る。

スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。