日々の心模様
移りゆく心の模様を書き留めるぺえじ。 人の心は混じり合って複雑に。 ――いつかあなたも交わるでしょう――
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日一日
11月も半ばを過ぎシィーズンも真っ盛りなのに今一客数が伸びない。
相変わらず常連のみが顔を出す。
しかし、とっても面白い方がたばかりだ、それぞれ個性が強いが、やはり日本の高度経済成長を支えたつわものばかりで残りの人生を楽しもうと言う方々が多い、それにしても私と同じく50代や60代が多い。
今度、機会があれば一人ひとりのヒストリーを聞いてみたいものだ。
しかし、日本人の若者の姿がとんと見えない、それに比べ韓国の人たちは若い人が多いこの違いわ何故だろう?
韓国人は国外に夢を求め、日本人の若者は国内に閉じこもる。
国外に活路を見出そうとする国民と、国民の総数が減少する国で若者にバイタリティの無い国がやがては逆転するのだろうか?
子供が大事にされて過保護の国と、生みっぱなしで教育も間々ならぬ国とがやはり逆転するのだろうか?
私としては、そのときを見たいものだが、いつまでここに居られるか?それは神のみぞ知る。
新しくベテランコックが入り、味も安定してきたし、人手も足りてきた。
それから、お店が全て出来上がるともうやることが無い、出来たてのベランダテラスのピニア(パイナップル)型のイスに腰掛け日がな外を見ながら、お茶やビールをサービスしてもらい、上げ膳据え膳でボーとしている。
そうなりたいと思うが故に頑張った、しかし、何か足りない気がする。
上を見ず、贅沢をしなければ、多分このままここで生きていけるだろう。
夜になれば隣のゴーゴーガールをからかいながら、コヒーを飲み、ウエイトレスに食事を運んでもらい、マスターマスターとお世辞を言われ、味がよいだの悪いだのコックを呼んで文句をつける、みな従業員は平身低頭である。。
なんだかどこかのアシェンダ(金持ちの地主)の気分になってしまう。
こんな小さな店の経営者にしてこの気分にまで持ち上げられる、フィリピンて、やはり不思議な国である。
と思えば、方や危険と隣り合わせで、すぐ足を引っ張られる。
こんなにも気持ちが揺れ動くのは何故だろう?
今は、低値安定だがいつお客がこなくなるか解からないし油断禁物といつも自分に言い聞かせている。
ここはアジアの最後の楽園いつまでこの繁栄が続くのだろう?
こんなにもオープンに性が売り買いされ、女達は裸同然の姿で踊リ、その女達を目指しいろんな国から人が集まる。
ホテルがまた新しく建つ、店の前では白人とフィリピイナの喧嘩の声、この子は貴方の子、ご飯を食べるお金が無い。
少しお金をください、分かれた以上俺は知らない、金は無い!!(と内容はこんなとこ)
アメリカ人の置き忘れ物のミスティサが多く、いつもの愛想劇の中にたくさんの女の人生が隠されている。
どうも取り止めが無い!!、今の私の気分と同じ。
書こうとする論点が書いているうちにぶれる、ビールがまわつて頭がおかしくなっているのだろうか?
暇になったのでブログを書く時間が出来たと思いきや、いざ書こうとすると書くことが出来ない。
忙しく立ち回って時間が無い時の方が返って書きやすい。
今日グアムから来た日本人と話す機会があり、フィリピンはどうですかと聞いてみた。
フィリピンはとてもいい、グアムと比べるとサービスも設備もシステムもアメリカンナイズされていない所がとてもいいと言われる。
人が変われば感想もずいぶん違うものだと改めて感心した。
私はやはり日本人の囲いから抜け出ることの出来ない人間なのだとも改めて感じさせられた。
本日一日をかけ考えたことがこんな事、ボケが始まったのかもう11時半になつてしまった。
お客が一人もいなくなってしまった、私も帰るとしよう。
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。