日々の心模様
移りゆく心の模様を書き留めるぺえじ。 人の心は混じり合って複雑に。 ――いつかあなたも交わるでしょう――
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バリバゴの人間模様
誤解の無いように、決して批判をすると言うことでは、有りません。
この界隈を徘徊する日本人の滑稽さが他の外国人と比較すると際立っている事実があることを知っているだろうか?。
血眼になって女を探し回り、ああでも無い、こうでも無いと、話題は女の事ばかりで、現実を見ようとしない。
一夜の相手に何を望んでいるのだろう?顔が良くて、スタイルが良く、性格のよい子がいるとでも思っているのだろうか?
もし居るとしても、40後半から50代の人間に20才台の若い女の子が本当に愛情を持ってほれ込んでくれるとでも思っているのだろうか?
若い日本人は少なく、どちらかと言えば中高年の年代で年は取ったが、しかし、若い女が好きといった、人ばかりが目立つ。
別にそれがどうのこうのと言うわけではないが、中には遊びとも恋人探しとも区別の付かない、うぶ、な遊び人が居る。
そういう人が意外に騙されたり、トラブルに巻き込まれやすい、状況を作り出している。
遊びは遊び、一夜若い体を提供してもらえれば十分ではないか?
それ以上に夢や希望を持てばとんでもないしっぺ返しがまっている。
とんでもない失敗談や高い授業料を払った経験を持つ人が、ごろごろと、いっぱい居るのがこのバリバゴフィールズである。
休みが少ないので4~5日の滞在で如何に多くの女とやるか、朝から晩までそんなことで頭がいっぱい。
全然、余裕が無い上に、ゴゴバーで良い女を捜そうとする、そんな希望にあった女がうまいこと見つかるわけが無い。
何千人と居るオネーちゃん達だが、彼女達のビジネスは一夜体を提共しお金に換えるということの、手段としてゴゴバーで働くのであって、老人の世話をしてお金を貰うのではないと言う事である。
そういった人に限りどこかに良い女はいないかと聞く、もう少し自分が何を求めているか?
どうしたいのか、漠然とではなくはっきりとした目的思考を持つべきである。
ただ単に女とやりたいのなら、ゴゴバーを探せば良い、気持ちや心などというものは度外視しなければいけない。
愛情がほしければ恋愛対象を探さなければならないがこれは難しい、イミテイションで良ければお金を出せば買える。
お金と気持ちをいっぱいつぎ込めば、関心と同情、慈しみの気持ちは買えるが愛情はまず無理。
何故そんなことが解からない、いい年をしたおじさんがまるで青年のごとく朝から晩まで女を捜しゴゴバーを歩き回る。
まーそれはそれで良いとして、そんなバリバゴの人間模様に何か違和感を抱いて何か違うナーと感じる今日この頃である。

スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。