日々の心模様
移りゆく心の模様を書き留めるぺえじ。 人の心は混じり合って複雑に。 ――いつかあなたも交わるでしょう――
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間の価値って何だろう?
世の中がグロウバルになればなるほど人の価値が決まってゆく、ハワイに住み日本で仕事をこなし、飛行機で各国をめぐる豪傑もいれば、日本でせっせと働いてお金をためて日頃のストレスを此処フィリピンで癒す人、此処で年金暮らしを楽しむ人いろんな価値観が交差する町バリバゴ、フィイルズ、いろいろなお客さんが訪れ、いろんな出会いが、(ここの店にいるとある感謝。)
しかし皆んな、(老いも若きも)いったい何を求めているのだろう?
私は思う、皆、優しさに飢えているように思われて仕方がない(私観です)。
金持ちも、権力者も、どんな人も、やがて平等に年を取り、死ぬ。
それは、仕方のないことだが、誰もが死ぬ時は優しい愛に包まれ、愛する人の見守る中で死にたいとそう思う。
そこには、お金や、打算は存在しない。
その人が、残した人生や(生き方)足跡があるだけで(肉親)妻や子供(ファミリー)。
ただ子供も作らず、女を抱いただけでは、(性欲又肉欲)得る事が出来ないものや、その人のことを心から思う親族は存在しない。
ただ単に面倒を見たから、とか、お金をあげたとかでは、それは表向きの優しさをもらっただけに過ぎない。
子供は作ったが置き去りにした人や、(ジヤピーノ問題)女を騙して遊び道具のおもちゃにしている人達には、真の、I LOVE YOU は存在しないアイ ラヴ ユア マネーである。
(旅行者が、一夜の女を金で買うのは、民間ドネイションと言い、これは別扱い、それなりにこの国に貢献している)しそれお生業としている人が、沢山いるからである。
狐と狸の化かしあい、どっちも、どっちで、おあいこゲーム!!問題にしている事ではない!!
何故なら、男も真に責任をとろうとしないラブゲームをしているに過ぎないからである。
女遊びが出来なくなったら、此処フィリピンは卒業します、と、ある初老のお客さんが話された内容の印象が強い。
しかし、此処フィリピンにやってくる層は、何処となく階層が低いと思わないか?とか質問されたり。
改めて、何故フィリピンなのか? ここは女が安い、気候が穏やか(暖かい)以外何も良い事はない。
海は、生活排水で汚れ、ただの水も無ければ、ただの空気は、少しくさい、太陽は紫外線が強すぎるので健康に悪い。
なのに、何を求めて此処にやってくるのだろう? 
本当の金持ちは、やってこないよ、こんな所には、とか
やはり此処の女は、遊びが良い、真に良い女はいない、とか、やはり相当痛い目に合い沢山の授業料を納め、させられたのだろうか?
どこか、遠くを見っめるような視線と、横顔が憂いを含んでどこか、寂しそうである。
そういえば新聞で、64歳のフィリピンでの孤独死、というタイトルで記事が出ていた。
此処にくれば、若い女と楽しい老後が出来ると、夢見る輩が多いが、決してそのように甘いものではない。
喩え、若くていい女が手に入ろうとも、そんなことでは満足は出来ない、そんなものである。
すぐの他の若い女に目が移る。
女の側から見れば、金の切れ目が、縁の切れ目と、クールでドライな処世術が有るだけで、真実の愛などは、皆無と思ってよいだろう。
金のあるうちは天国だが、金がなくなれば地獄をみる破目になる。
此処で、第二の人生をスタートするについては、男を賭け、残りの人生を賭け、自分の思いを賭けて、悪戦苦闘するのである。
そんな、生き様には、敬意を払いたいと思う、真に、人の価値とは、その人の生き様であると思う。
アメリカで生きようが、ブラジルであろうが、日本で生きようが、フィリピンであろうが、その人の持つ真の生き様がその人の、真の幸福度を表すのであろう。
USドルが安い、円が高い、危険通貨のペソが高いだの、そんな事(経済の論理)には左右されないグロウバルな人間の視点で今、精一杯頑張っていると、胸を脹れる人生にしたいものだ。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://syagekitsuusin.blog44.fc2.com/tb.php/106-db9d6ecc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。