日々の心模様
移りゆく心の模様を書き留めるぺえじ。 人の心は混じり合って複雑に。 ――いつかあなたも交わるでしょう――
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残念な事であり、不運なところ。
日本語ホームページ
英文ホームページ

今となっては負け犬の遠吠えに聞こえるかもしれませんが未だ納得のいかない点です。

フィリピンの警察NBIが捜査令状を発行したのだから、そこは間違いが無い、という判事の思いが全面的に採用されている。
まさか?!警察官がセットアップなどしない?!と言う認識に立っている。
あまりにも、フィリピンの現実を、理解していない、もしくは理解できない人!であったといえる。
そこが一番の当方の敗因ともいえます。

竹ノ内弁護士殿
今度の出される最終意見書に、書き加えていただきたい補足意見は2点あります。
第一点は
ケイショウの出していた広告は、(証拠として出している最初の画面)は、フィリピンでも見えました!!。
現在の広告も、ネットライブチャット紹介広告ページにより、フィリピンで見ることが出来ます。
しかしなかえは入ってライブチャットに参加する事ができないと言うだけであって、最初の見出しは今フィリピンでも
ライブチャットの広告ページを開けば見ることが出来ますし、ポルノまがいのものと同じ場所で広告されていると言う事を
主張してください。
フィリピーナをゲットしょうとかお見合いという広告ページはフィリピンでも見えたと言う事を主張してほしいのと同時に
ネットを中心に捜査する、チームが、NBIやポリスの中にも今も現存し、あるということも付け加えておいてほしい。
第2点
日本にいたときは、まだ良くフィリピンの情報が入らなかった為、払うべき責任が私にあると思い込み、
払ってもらった事にも感謝したが!フィリピンに着いて、得た事実とは違い、当方に責任のないこと
(あつたとしても本部も同罪)と言う事が解り自分一人では、支払う義務が無く、本部の責任であると思った。
相手は嘘の表現で私をだまし、全て当方による責任だと思い込ませた節がある。
なぜなら武井自身が、フィリピンにいて、当方のメリージェンから事情を聞き、真相を把握していたからだ。
当方は本部と連絡は取ったが武井からは、向こうから連絡が有ったと記憶しているし、こちらからは連絡が取れなかったと記憶している。
思ったことを整理してみました、よろしくお願いします。鈴木
追伸
通訳を通して、弁護士と話をした時に雑談ではあったが、日本での裁判での主張の際に、違法合法の部分は両方有るが
でも、こういったフィリピンの国の状態、つまりメーリングブライダル禁止法や、女性を使いセックスやポルノを、
発信する業種と良く似ている、業種には、それを狙っている機関があるかもしれないと言う、国状を考えず、フランチャイズを募集し
宣伝方法も説明せず、闇雲にオープンを急がされ、この国の法律も状況もリスクも説明され無いまま関東システムの
フランチャイズに組み込まれた。
このような事態になったことは、会社の説明義務違反に当たり、違法は必ず成立するのではないかとフィリピンサイドの
弁護士に言われた。
残念ながら、現在に至るまでNBIではチヤッとガールの密告者を報奨金4万ペソで募集している、
違法なことを、していない所まで、疑わしいとの情報密告があれば、捜査に入る、ともいわれている!
鈴木さんの所はこの一例。
しかし、関東システムは、このことを知っており、自分ではリスクを避け、フランチャイズにフィリピンサイドを担当させ自らは、FCのPCメンテナンスと、日本国内の管理に徹したのであろうことが、創造できる。
ともいわれた、フィリピンでは有罪に出来るとのことでした。

この時点で思ったことはフィリピンでなら、簡単に拘束でき、思い知らせる事ができる。が!!。
すぐに、お金で出てくるだろうしそれでは、何の意味も無い。(大金は、払わなければならないだろうが。)
捕まえるなら捕まえましょうか?の問いに!!
しかし、当方には何のメリットも無く、ただ!いじめるだけで終わる。
正義など何も無く、金の出し合いの、泥仕合が始まる。相手の弱点を突く、セットアップ合戦!!
警察のカモになるだけで終わる。
私が目指したものは 、法治国家で白日の下で、裁かれる事だ!!。
そして私の日本での戦いが始まった。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://syagekitsuusin.blog44.fc2.com/tb.php/122-b34d4eaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。