日々の心模様
移りゆく心の模様を書き留めるぺえじ。 人の心は混じり合って複雑に。 ――いつかあなたも交わるでしょう――
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうして日本人が日本人をだます?
ある日善良な日本人がフィリピイナと結婚し。いや追っかけによりフィリピンに(理由はどうでも良い)定住することになつた。
彼は日本では定職を持ち収入も多く、リッチマンであつたが、フィリピンでは無収入になった。
かなりの高額を持ち込んだが、蓄えは毎年減少し何とかしなければ、家族、親族の面倒をみていた為自分の食う分も底を付くと気づき始める。
フィリピンで何か収入の道をと考え色々やっては見るのだが、フィリピンの構造やシステム、文化の違いに阻まれ事業はうまくいかない。
(元々お金の無い人たちの考え方を知らず、身内の不正や信じることの難しさを思い知らされる)
そこで手っ取り早く金持ち日本人をターゲットにし商売を考えることになる。
最初は、金持ち日本人と手を組み仕事をしょうと考えるが金持ちほど注意深く、容易に金を出さない。
仕方なく女偏関連にシフトを変えていく。
そうするとスケベ日本人がお客に付く(ピナ追っかけ組、結婚願望者、買春希望者(とりわけフィリピン初心者)がお客として付く。
引っ掛け手段はインタ-ネットブログやフィリピン紹介ネット、メールにホームページ等々。
旅の恥はかき捨てと、小旅行にお金を掛ける日本人、そんな人たちから少々小金を巻き上げてもあまり気にしない。
(フィリピンと日本の貨幣価値の差により)
そうこうする間に、偶々フィリピイナと日本人男性の間の、トラブルにお金が絡む実情を知る事になる。
多額の現金が動き、おいしい商売だと知ると次のような仕事を始める。
(トラブル解決屋、結婚相談所、会社設立、法律コンサルタント、など等)などの商売を考え出した。
現在忙しいのは、偽装結婚相談所とケアーギバーなどでの日本行き紹介所、(だが殆んどがだまし、違法行為を考える人たちを対象に展開されるので、あたりまえか?被害もあまり表に出ない)。
トラブルに乗じて多額の(紹介料、和解金、捜査料、弁護士費用、ビザ収得費用、等々)をふんだくる人たちが活躍する様になる。
お金がないと生活できない日本人、フィリピン人と同じレベルでは生活できない苦悩が、やがて善良なる人も悪徳業者に変える。
一部やった仕事が成功した者もいるが、その大半はフィリピンに定住しこのような経緯を伝いだます側に落ちていく。(当たらずしも遠うからずである。)
よく言われる伝え話だが、現地在住の日本人が一番危ないと言われる由縁である。
私のように善良に生きている人間には侮辱であるが、認める側面もあり、このケースと同じ知り合いもいる。





スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://syagekitsuusin.blog44.fc2.com/tb.php/31-6d259705
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。