日々の心模様
移りゆく心の模様を書き留めるぺえじ。 人の心は混じり合って複雑に。 ――いつかあなたも交わるでしょう――
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誤解のない様に一言。
これは私の体験した事実を書いているのだが、全てに当てはまると言う事ではない。
なぜなら、私の知人の話ではオルテガス地区にあるアパートにはDSLのラインが3日で引けた。
その地区は新興地区で、新しくビルやハウス商店などが次々と出来上がり、活況を呈している場所である区域なのだ。
そのため、PLDTやグローブ・その他のインターネット接続会社が競争し合いながら様々なプロモを展開し、値段も1ヶ月900ペソなんていうものがある位だ。
たまたま、今回のブンデア地区は古くから栄えた場所で、ほとんどPLDTの線しか入らない、いわば独占地域なのである。
…かといって独占が悪いという話ではない。
過去に電話会社を使い、料金を払わず逃げる輩が実に多かった。
払えない者の言い訳は、「お金が無い」の一言で取るに取れないという事があったと、言うのである。
かく言う私は少々のお金(チップ)でうまく早く電話線を引かせようと、画策し飛んで火にいる夏の虫になっただけのことだ。
であるから自戒をこめて皆さんにご忠告。
一般的にこの地域でフィリピン人が電話線を引こうとすると2ヶ月半~3ヶ月かかる。
おもに、外国人やお金持ち、カンパニー(会社)は何事も早く済ませたいという要求が強いため「チップ、アンダーテーブル」の罠に掛かりやすいので 要注意
本日確認の電話を入れてみたが、来週の月曜日にDSLが入ると言うのだが
如何なものか…
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://syagekitsuusin.blog44.fc2.com/tb.php/4-1dfa3c06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。