日々の心模様
移りゆく心の模様を書き留めるぺえじ。 人の心は混じり合って複雑に。 ――いつかあなたも交わるでしょう――
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転居の場所はベイサイド(海岸べり)
スウビックベイにやって来た、俗にオロンガボともスウビック基地とも言われ特にここ、バロイビーチが長期滞在者には適しているとも言われている。
この一帯のリゾートとしては、大きく分けて3つに分けることが出来る。
その代表的な1つとしてスウビックベイのなかに作られた「マリーナリゾート」ゾーン。
海岸縁にかなり整備が行われホテル、レストラン、コーヒーショップなど大掛かりな投資が投下されており、リゾートのムードとビジネスの機能を兼ね備え、リッチな客層にアピールできる高級な雰囲気を漂わせている。
その他中古車の輸入に際しての陸揚げ基地があったり、空港があったり、海洋オーシャンアドベンチャパークと呼ばれる(イルカの芸を見せたり、水族館を思わせる展示物がある)場所やズービックサファリなどの遊び場がが併設されていたりして、他に無く整備されている。
またここだけは、交通規則も厳しく取締りされている。
スウビック基地全体にいろんな施設がありヨットハーバーや港の機能も小規模だがある。
前アメリカ海軍の基地の跡である。
2番目にスウビックベイを少し通り越してオロンガポから続く国道(ナショナルハイウエイ)と言われるが、日本で言う田舎の小道に舗装をした程度の道のサイド(海側と山側)の両サイドに、物売り店が張り付きちょっとした、町を形成する程度だが、海辺の海岸べりをリゾートとして、スウビックベイフリポートゾーンと地元の人は呼んでいる。
少し平地の海岸縁に色いろなビーチが点在する場所があり、それを総称する名前である。
少し寂れた感じではあるが、景色が良く、フィリピン人スイマーや長期滞在型外国人がフィリピン人に混じり、生活を楽しんでいるように見える。
けして高級なスタイルではない、むしろ外国人も体に刺青を彫り年齢もどちらかと言えばリタイア組の年代で、若いアメリカンやヨーロッパ人はバックパッカーと言ういでたちである。
ビーチもどちらかと言えば整備が立ち遅れ、ホワイトサンドではなく、水も透明度は少なくごみが浮いている。
海岸べりには民家や外国人がリゾート用に建てたハウスが立ち並びホテルも一部にはあるがバイカーのたまり場、ゴゴーガールを伴う外人御用達と言う感じが否めない。
ダイビングの施設などを完備したホテルもあり、楽しく水上バイクを楽しむカップルなども見かけるが今の時期ファミリーの客層はまだ少なくネットで見かける日本人経営のSUZUKIホテルもこの地域にある。
今、私の居住するバロイビーチも直ぐ隣のビーチである。
駐留軍のアメリカ人がいなくなり一時はさびれたが今少しづつ地元人を呼び込んで、盛り返しつつあるようだがリゾートとしての統一感がまだ無い。
少しグレーがかった細かい砂で、遠浅のビーチは良いのだけれど地元居住者の飼い犬の糞があちらこちらにありリゾートとしての清潔感や、お客を迎えると言う基本的マナーに欠ける地元型のリゾートビーチである。
3つ目はオロンガポ市といわれる地域で、やはりナショナルハイウエイにそって開けており、基地の隣に位置しバスターミナル、市場、市役所など地域の中心となる施設が連なり、一番の繁華街としてにぎわいを見せている。
が、モールと言えどマニラやアンギレスほどの大きさは、無く田舎町のスケールとボロボロ感は否めない。
一昔前のホテルが現在し、海辺に近いシティリゾート、と言えば言えなくもないが、壊れかけた町並みと排ガスの臭い学校え通う学生の数とジープニーの渋滞は、何処の町に行っても変わらぬ風景だが、どこか、おっとりとしている。
それにしても、ここのバブリックマーケット値段は安いが、肉屋、魚屋の不衛生ときたら天下一品、きっとバイ菌だらけ、見ただけで買う気が薄れる汚さと異臭、くれぐれも気をつけて。
しかしマーケットで売っているフルーツ特にマンゴーのおいしさときたら、これわ天下一品推奨品物。
車で一回りしても20分足らずの町ですが、一方通行がやたらに多いこととトライクの無謀運転がとてもひどい。
まずは大まかなことだけを書いてみた、次回は少しずつ個別な感想を綴ってみよう。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
便利かな
スービック市のGOGO街迄トライスクルで10分位ですが買い物に不便と違いますか。
湾の外側の色々なビーチを楽しんで下さい。
【2007/02/03 16:41】 URL | hiro #IaNAQoQY [ 編集]

お初です
お初です。
私も数年前に暫く休暇で滞在しました。

市内を走るジープニーが色分けで、走行路線が解るなど、
フィリピンらしくない(?)行政に、少し感動もしました。

ホテルからジープニーで歓楽街に出向いた時、
目的地を告げて、乗車したら、他の乗客の人達から、
目的地に着いたことを教えられたり、オバサン達から、
「楽しんでね」と声を掛けられて、赤面したことを
強く記憶に残ってます。

・・・フレンドリーで達者な英語に、米軍基地の痕跡が、住民達に残っている
印象を受けました。

良い街ですよね。

PS ベースの中にあった55(3店くらい?)は、今も健在ですかね?
(ベース内のウオークボード近辺にありました)
【2007/02/03 22:52】 URL | JHUN #aW8qDj4U [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://syagekitsuusin.blog44.fc2.com/tb.php/48-344abec0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。