日々の心模様
移りゆく心の模様を書き留めるぺえじ。 人の心は混じり合って複雑に。 ――いつかあなたも交わるでしょう――
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

街道沿いを散策
バロイを含む平地のあたり、ナショナルハイウエイ沿いに商店の立ち並ぶ町その名をナショナルハイウエイバレートと言うらしい。
いくつかのバーやクラブがありレストランも現地人向けやホリナー向けに点在するし、よく見ると海岸側にはリゾートホテルと書かれた看板やホテルバーレストラン、ホテルインビーチ、ビーチレストラン、レンタルハウスなど色いろな施設が所狭しと続いている。
あまり気づかずうっかりすると見過ごしてしまいそうなたたずまいと少し古ぼけた昔の名残の様相を見せる。
きっとアメリカ軍がいた頃に、はやったお店なのであろう、今は地元の人たちご用達なのであろうか?覗いて見てもあまりお客がいない。
一軒のネオンサインが粋なお店に入ってみた、しかしお客は常連さんのようで、4人の白人がカウンターに座りオーナーらしき人と話をし古びたビリヤード台が2台、床はコンクリートに赤いペイントが施され、いかにも古さが伝わって来る店の雰囲気だ、見上げれば天井は、壊れかけ薄暗く個汚いフィリピーナが7~8名店内に座っていると言うものであった。
とてもリゾートの真ん中に位置する繁華街とは言えぬ状態であり、フィリピンの夏シーズン前で現在町は化死状態である。
ここで古びた、使われていないだろうと、思われる場所を見つけた。
街道沿いから海辺までウナギの寝床のような縦長の変形ではあるが壊れかけのビルヂングと共に放置されている。
すぐ私の好奇心がはたたきこの土地の持ち主を探し始めた。
なかなかわからぬ状態が続いたが近くの土地持ちから聞き出した、が、どうやら銀行管理になっているらしいことが解かった。
どうにか買えないだろうか?はたしていくらだろうか?何か問題のある土地だろうか?疑問は尽きないがただいま調査中。
もし買えたら私もリゾウトオーナーだ!!
運よく買えればの話は、また今度にして、ハイウエイバレートの話に戻ると、ここらの海岸沿いはほとんどがリゾウトホテルまがいに成っておりバロィビーチの隣の海岸線であった。
ここら辺は、大小幾つもの海岸ビーチが国道沿いにつらなった海辺で一つ一つ訪ねてみると、もはやいろんな資本が入っている。
コウリヤ、オーストラリヤ、メキシカン、アメリカ、カナダ、もちろん日本のオーナーもいた。
でも一番は、やはりフィリピン人オーナーで、お客の無さがここの経営に出るのか、うらびれた様相が各ホテルのメンテナンスに現れている。
いくつかのレストランにも入ってみた、ここはアメリカ人オーナーのお店、外観はガラス張りでちょいと気取った店に見える。
が、中に入れば最初の印象とは違い、フィリピンナイズされたお店でだらだらしたウエイトレスとボロなイスとテイブルのお決まりのパターンであつたが、料理と味はなかなか良いし、値段もそこそこ、そのせいかお客も結構入りこの辺では繁盛店に見える。
最悪なのはフィリピン人向けオープンバーレストラン(オープンバーとはクーラーの効かない外にイスとテイブルを並べただけの店)で夜涼しい時間だけ電気をつけて営業する。
メニューといえば、チキンにシニガンスープ、ライスにビール、コーラ、といった程度で、他の料理を頼むとどれもアウトオブストック今日は無いと断られる。
ビールにチキンを薦められそれを頼むと、次は女の指名を強要され、中でもましな子を指名すると次はドリンクとバーファインを言ってくる。
汚いオカマのマネージャーが取り仕切り、とてもバーファインなど出来そうもない、汚そうな女がNO1と言い寄る。
何とか断り、その場を離れたが、とても商売とはいいがたいありがた迷惑なお店である。
とりえといえば値段の安さ、それぐらいのもので、特に日本人がお客の時は(女のお持ち帰りを強要)それがエスカレ-トするので要注意。
いくつかある外人向けのバーにも入ってみたが、たいていはバーカウンターにビリヤード台を併設したかたちが一般的の様だ。
フィリピン人御用達のビーチもあちらこちらに点在し、大きなビーチ比較的小さなビーチと、大小さまざまな場所があり一人いくらかのエントランスフィと屋根のついた小屋の料金を払って海水浴を楽しんでいる。
どうもこちらの人は海岸も誰かの持ち物でお金を払わないと使えないとでも思っているのかどうか解からないが、何処もかしこもプライベートビーチのようになつている所がこの辺の特徴でもある。
次はこのあたりのゴゴーバーとストリップバーの現状リサーチ。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://syagekitsuusin.blog44.fc2.com/tb.php/50-b127aa27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。