日々の心模様
移りゆく心の模様を書き留めるぺえじ。 人の心は混じり合って複雑に。 ――いつかあなたも交わるでしょう――
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地に落ちた日本人という名のラベル
マニラの邦人男性、義理の娘を殴って死なす…殺人容疑逮捕

 【マニラ=遠藤富美子】フィリピン警察当局は10日、フィリピン人妻(23)
の子供で義理の娘にあたるケイト・ジュリアちゃん(4)を殴って死亡させた
として、マニラ市在住、飲食業、塩沢敏之容疑者(39)=東京都出身=を殺人
容疑で逮捕した。
 調べによると、塩沢容疑者がジュリアちゃんを自宅で素手で殴った後、8日夕
に具合が悪化。病院に連れて行ったが、9日午後に死亡した。病院が体に多数の
血腫(けっしゅ)を見つけ、警察に通報した。
 塩沢容疑者は「日本に連れ帰るため、しつけの一環でたたいたことはあったが
、殺すつもりはなかった」と殺意を否定している。警察では、塩沢容疑者が日ご
ろから平手やベルトで殴っていたとみている。
(2007年7月10日21時51分 読売新聞)

最近このフィリピンというこの地で、日本人が色いろ事件を起こしている。
言葉が解からないので詳しくは解からないがTVで報道されているのを見た。
地元のテレビ、チャンネル7でのニュースリポートであった。
一つは日本人の父親が14歳の自分の娘をレイプしたというものである。
二つ目は奥さんの連れ子を階段から落とし死なせたというものであった。
2つの事件では、容疑者は警察に逮捕されて、顔も実名も映し出されていた。
事件の真相に迫るのは、今の私の本意ではないが、最近良く日本人の名前が
悪い方面で出てくる、いや、きっとこれから、もっと多くなるであろうと思う。
何故なら、平均的な日本人と言うより、C級いやD級日本人を多く引き寄せ
てきたつけが、よどみになったこのフィリピンで噴出しているのだろう。
以前は日本人がトラブルに巻き込まれ、セットアップにあい、いくらお金を
取られただの、強盗にあった又は殺されただの、被害者になったケースが
多くあり、其の陰に隠れあまり出てこなかったのかもしれない。
昨今、日本への出稼ぎタレントの減少により、タレント追っかけ渡航組みも
数が減り、バットやドル安で、今は世界的に不人気のせいか、旅行者の数も落
ち込み、年金移住組も減っているらしい。
私達定住組みにも変化の兆しがある。
ある意味でバカにしていたフィリピンでフィリピン人にバカにされ始めた。
ある人はバイクに乗ったプロの殺し屋らしき人に3発の弾丸を喰らい殺された
と新聞紙をにぎわし(外国人は格好の的)世界の不良通貨のペソがUSドル
に対し高値安定というバカバカしい現象が起こっている。
ドルに対しペソが上がったと言うなら、何故ガソリンの値上げがつづく?。
外国人は此処で住まなくてもよい、とでも言いたげな仕打ちである。
来比の旅行者には楽しいロハス沿いのベイサイドウォークは閉鎖され、若い
ラブバード達にはホウルドアッパーの出没する、危険なデートスポットになった。
良くわからない理由で翻弄される定住組みなればこそ、ここに住み続ける意義や
意味をもう一度問い直しする必要が出てきた。
私が定住を決めたのも、以前は少なくとも日本人と言うだけで、わりと好い印象
を持たれ、誠実、勤勉、お金持ち、と思われ気分良く過ごせたが、今では
コウリヤン、チャイナ、シンガポーリャ、等々、他のアジア人と一括り扱いされ
日本人の誇りは地に落ちている。
だからこそ私は一人でも日本人として、誠実、勤勉、お金は無いが、優しさと
誇り、を忘れないようこの国で努力しょうと思う。



スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://syagekitsuusin.blog44.fc2.com/tb.php/55-861acad8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。