日々の心模様
移りゆく心の模様を書き留めるぺえじ。 人の心は混じり合って複雑に。 ――いつかあなたも交わるでしょう――
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

25日帰比しました。
私はただいま日本に居ます。
かえって冷静な目で自分のやっている仕事を考えられます。
心配は山ほどありますが、帰国しどうにもならないと諦めたところうが出発点になるので反省にはもってこいです。
以前私の仕事はもっと大きいお金を動かしていました。
それに比べるとこんなちっぽけな店に、一体何を手間取っていると自分ながらお可笑しく感じます。
喩え異国の地であろうと、一人になった私には、こんなことすら出来ないのかとも感じます。
いや、そうでは有りません。
いろんな不測の事態が起こっても、私は楽しんで仕事をしています。
いや想定外のことが起きるというのは、想定内のことでした。
フィリピン人のために作ったはずの店に、多くの日本人が来たのは、想定外でした。
それよりも売れないだろうなと思いながら組み込んだ日本的な料理にこれほど批判が集中することも想定外でした、でもそれはうれしい誤算でした。
良くも悪くも、御批判いただけることが、ある意味での先生と言うことになります。
これから、このバリバゴで生きていくための指針となります。
どうもここのコック達には、ペナルティを付けたうえに一つ一つに作り方のレシピを配り、そのように作らせようとも考えたが、全てのノウハウが流失するのを覚悟しなければならない。
コックの定着率の悪さにも歯止めがかからない今、どちらを取るかがこれからの課題です。
いま少しの余裕を持ち、美味しいものを提供できるよう考えています。
いかに味を統一し、均一なものを提供できるかがレストランの存亡の鍵となります。
ただ売り上げがあがる下がるは、全て私の責任で受け止めることであります。
ここではフィリピンで生きる人の生き様(私の暮らしの模様)について、後に続く人の為にこんな事も有ると言う事について、事実を有りのままに書き綴っているのであります。
訪問者の少ないこんなブログでPRをして、売り上げを上げるだなどと、考えたことも、有りません。
でも信じられないことに、私の居ない間にアベレイジの売り上げは1日6000ペソを超えていたのです。
時期的なことも有るでしょうが、フィリピン人の来客頻度がアップしているのです。
このバリバゴではどこか特定の人種には頼っていられ無いのが現状です。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント
味付けは難しい
お帰りなさい。
ご飯の味についていろいろ意見がありますが、日本人向けと現地人向けでは全く違った炊き方となり、一つで全てを満足させるのは無理でしょう。
我々日本人なら粘り気のあるご飯でないと駄目だが、現地人はパサパサで無いとおいしいと感じない。
このプログを読み、コメントを書くのは日本人だけですから、これを読むだけではフィリピン人の感想はわかりません。
現地に特化しようとするのであれば、日本人客(日本的な味付け)は切り捨てるつもりの覚悟でスタッフに味付けを指導していけば?

話は変わりますが、表の看板は非常に有効で、あれを見て入店を決める客を何人も見ました。
【2007/10/26 14:01】 URL | ギャンブラー #Qpa/qnd. [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://syagekitsuusin.blog44.fc2.com/tb.php/72-15fea303
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。