日々の心模様
移りゆく心の模様を書き留めるぺえじ。 人の心は混じり合って複雑に。 ――いつかあなたも交わるでしょう――
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の狭間
ほっとしたのもつかの間、そう簡単にお店など安定はしない。
入ったばかりのベテランコックに、待遇が悪いとか、キッチンが狭いだとか、食事の回数が少ないだとか、散々コンプレインを残し辞められた。
出来たばかりで未だ何も確立されていないことに腹を立てたのだろう?
でもそれは仕方がないことで、全てのシステムが出来上がったお店には、54歳では入ることがたぶん出来ないだろうし彼の年齢にしては、待遇面もかなり良いはずであったのに、自らチャンスをつぶした、文句たれのフィリピーノであった。
しかし腕はなかなか良く、プライドも人一倍で、舌も、感覚も、まあまあで私としては、気に入っていたのだが!!
人事の難しさも又改めて課題となりそうである。
しかし、どうも当店は、日本人好みではないのかもしれない、必ず1日に一度は満席になるが、フィリピン人ではなくマレーシア人の団体でいっぱいになるのだ。
何処でどう間違ったのか解からないが、マレーシアの観光案内人に連れられてやってくる。
きっとこの案内人に気に入られたに違いない、と私は思うのだが定かではない。
先日岩手県から来たと言う4人グループにネットで知りました(日本人の経営と聞いてきました)とあいさつされた。
ここバリバゴフィールズと検索すると、どこかのブログで当店のことが出ているらしい。
あまりいい情報、うわさが出ていないでしょう、と、言えば!!いいえ、ネツト上の情報より日本人の経営者がいてくれるという事は、万が一の時に飛び込めば少しは頼りになるのではないか?とか見ず知らずの土地で同胞のお店があるというのは何かと便利?ですよねと言われ、店の存在そのものが、少しは頼りにしてもらっているのかな?などと変に納得してしまった。
又その人たちの中でリーダー的な方にここは天国そのもの、日本の憂さを晴らしに来ています、と楽しそうに話され私も、ついついうれしくなり一緒に飲んでしまった。
私も日本のストレスを発散させる為に来ていたはずなのに、いつの間にかここでストレスを溜めている。
今になって、人生の不思議さを実感している。
その彼の考えは、私と良く似ている点がある、人生たかが80年いくら金を溜め込んでも苦労の連続の中ではばかばかしい。
少しわ自分にご褒美を上げなくては、何の為の人生だかわからない、金でいくらでも女と遊べるのだからと。
それなのに、たかが、女子高校生のスカートの中をのぞいただけで人生を棒にふった大学教授や公務員、皆まとめて此処にやってくればストレスを溜めずにまじめに日本の職場で頑張れるのにとおっしゃる、ある意味でそうだと同感しました。
家内にはスウビックの経済特区の視察だと言い此処にやってきました、5日間とことん遊んで又雪のまう日本え帰ります。
良い息抜きの場所があり喜んでいます。
友人達もパロパロを楽しんだ後、又国で仕事頑張りますと。
その気持ちが良く私にはわかるので、天国に一番近い場所で楽しんでくださいと少し矛盾を抱えながらも話している。
今ではアジアの一番遅れた国、マルコスの時代から何も変わらず、一部の特権階級に支配され女は体を売ってしか収入が無くて貧困にあえぎ、不正、ワイロ、国政裁判でも灰色決着(エストラダの不正蓄財で有罪、恩赦で自由)と節操の無い国変ってほしいと思う反面、このままでいてほしいと思う気持ちが交差する。
どこか覚めた思いで自分の言動を見つめている自分がいる。
どこかには必要悪も在って良いのかも知れないと思うのだが、人が人を金で買う構造が本当にあつて良いのだろうか?
かつての自分もその甘い蜜に引き寄せられた一人なのに、現実のフィリピンの中にあつて現実があまりにもひどいので変ってほしいと願望する自分がいる。
この国とかかわりを持つと本当に矛盾の中で生きなければならなくなる。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://syagekitsuusin.blog44.fc2.com/tb.php/78-f378cfe4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。