日々の心模様
移りゆく心の模様を書き留めるぺえじ。 人の心は混じり合って複雑に。 ――いつかあなたも交わるでしょう――
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白人達のリレイションシップに学ぶ。

それに比べると白人系はスマートに遊ぶ。
言葉の問題もあるが、いい年をしたおじいさんが若い女の子とじつに楽しくリレイションシップを楽しんでいる。
まず取り組み方が違うのです。
何処にそんな違いが有るのか少し調べてみた、まずお金の使い方が違うし、割り切り方もずいぶん違う。
彼らは、女の子のステップアツプに力をかしているという認識で、セックスはそのお駄賃みたいなもので、共に住み生活を共同にし、洗濯から食事に至るまで男が受け持つ、女の扱いに慣れているといったほうが正しいかもしれない。
女の学費や、親や兄弟の面倒を、お金で援助し、彼女に恋人や結婚対象が現れた時は素直に引き下がる(建て前だけ)というのである。
金はかかるが、じつに巧みな作戦を立てて良い女をゲットしている、フィリピン人より上手で、フィリピーナのほとんどが騙される。
その裏の思いを解説すると、どんな若い女も毎年歳をとる4~5年共に住めば20才の女も25になりアクシデントで子供でも出来てしまえば他の男は見向きもしないし、仲良く行ければそれでも良いと考える。
女の良いときだけ共に住むことができれば後はどうでも良い、金の切れ目が縁の切れ目と援助を打ち切り、他の女えと移っていくのが最初からの作戦、自分からは、女には気持ちを入れないのが鉄則であると教えてくれた。
子供はどうするのと聞けば、援助するさ養育費を、と平然としている、ここら辺の割り切り方が我らと違う。
我ら日本人は一度決めたら片目をつぶり共に白髪の生えるまでと少なくとも長い付き合いを想定するが、彼らわ違う。
ある意味で自分中心のエゴイズム、しかし彼らには彼らの論法があり、所詮相容れない民族であり、南洋の土人と一緒には生涯暮せないと。
心、お金、体セックス、思い、じつに巧みに使い分け、人生を楽しむ。
ちょっと体を重ねただけの、女の言葉を信じ込む、我ら日本人とは大違いのライフスタイルを確立している。
ある日本人から聞いた話だが、日本人は子はかすがいと言うが、フィリピン人の女にとって子供はステップアップの道具又は手段だと言われたと、逃げられた元女房にいわれた、との事を、先日聞いたことを思い出した。
日本人の年よりは、ゴミ以下だとも言われたと、こともなげに言われるが心中は察しがたいほどの屈辱に耐えられたのだろうと思う。
日本的な考え方わここフィリピンでは通用しない(男は仕事で金もって返ればそれで良い)後は嫁はんの仕事で家に帰れば何もしないで良いなどと、とんでもない誤解をし、金さえ持っていれば女は付いてくるなんてここでは通用しない。
ここフィリピンでは嫁はんは何もしない、男は朝ごはんを作り仕事に行って金を稼ぎ、夜帰り食事のしたく子供の面倒を見るのが普通で家に居て何もしない男はゴミ以下だと思われる。
男が家で洗濯(女房のパンティまで洗う)し食事を作る、伝統的に、そんな生活に日本人が耐えられるわけが無い。
レデーファストの国で鍛えられた白人系の方が上手にこの国で世渡りをする。
女が前を歩き、女を立てるという体系がやはり似ており彼らのほうが一枚も二枚も上で上手にこの国の考え方にフィットしている。
しかし白人であってもそこはうまく立ち回り、女を立て、食事作りや洗濯などしたくないのでメイドを雇い、おいしい部分だけで付き合う。
援助の部分は、最初からバジエット(予算)を決めいくらなら出すが後は出来ないと女をくどく前に提示する。
そこは金の無い国で今日のご飯にも困る生活をしていればどんな良い女も飛びついてくる。
後は特別支出に備え予備費を最初から考えてある(クリスマス、誕生日など等)もう本当に計画的に考えて遊びは遊びと割り切る。
ここまでの考えがあってこそ遊びが遊びとして完了する、如何ですか少しは彼らに学ぼうとすることができますか?

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

それは底辺の女の子ですよ!上の方のクラスだとそれはほとんどありません。
付き合うレベルを考えなければいけませんね (爆
普通より上のクラスの女の子だと旦那の為に料理、洗濯、掃除、育児は当たり前だと思ってしますよ。
まっ買うところでは働いていませんが…

南洋の土人と言ううより娼婦は信用できないって所でしょうか?

日本でも風俗のお姉ちゃん、飲み屋の姉ちゃんの話は半分しか信じないのに なぜフィリピンのお姉ちゃんだとしんじるのでしょう? 七不思議ですね。(爆
【2008/01/11 08:34】 URL | 7氏 #- [ 編集]

客観的分析。
「勘違いと誤解」は、フィリピンのゴーゴーガールとの性か劇場型の恋を目的に訪れる日本人を冷静に客観的に分析されていると存じます。恐れ入ります。
「白人達のリレイションショプに学ぶ」のお説も理解します。
7氏のコメントも経験からと存じ理解します。素晴らしい彼女と知り合わないと書けないコメントです。
上流階級のチャイニーズ・メステーソ同士が結婚して、二年前に外交官として海外赴任のした方がいます。大使と異なり、参事官であり、政府の予算の関係でコックも子守りも連れて行かれなくなりました。彼女は生まれてこのかた、料理、選択、子育ても自分の手でしたことがありません。家族会議まで開かれて嫁の家庭が個人負担でメイドを連れて行きました。
ビジネスクラスに乗りますと子供を抱いたベビーシッターが母親の後ろの席にすわるのを度々見ます。飛行機くらいは自分の子供は自分で世話できないのかと貧乏な私は、その都度思います。
宗教とか教育の相違で、基本的には日本人は白人よりも遊びべたということと存じます。
特に、フィリピンが日本から近いのでフィリピンに来られる日本人は遊び慣れしていないから誤解と錯覚の世界に陥るのでしょう。しかし、別な見方をすれば誤解と錯覚のつかの間の夢にしたれ狂える日本人のほうが、冷静でサービス精神を極める合理的な白人より幸せかも判りません。
ゴーゴーガールの生き様を判って騙されてあげ、貢ぎに貢ぐ遊びの鉄人現れたかと尊敬しようとしますと、残念ながら鉄人らしき貢ぎ屋はゴーゴーガール、カラオケガールの本鴨になっているからフィリピンは、日本人観察には面白い国と存じます。
人生色々です。騙されるのも騙されるのも人生劇場です。
ブログの方と供に観客席から日々の日本人模様を一緒に見せていただきます。
【2008/01/12 14:05】 URL | イーグル #- [ 編集]


激しく同意致します。

自分が年を取っているとなぜ自分と生活を共にするのか?という立場に立って考えてもらいたいのです。
情熱の国で もし結婚したら60代になっても立つ限り週一をこなさなければならない この国の若き乙女が 不能に近い爺 を相手に生活を共にした時、どのような結果がもたらされるか?最初から結果は見えていると思いますし目的は…ですよね。
ただ例外の方もいますので一概にはいえませんが、総じてそんなものです。
それと使えない英語タガログ語を駆使して相手に自分の感情を伝えようと一生懸命頑場って居る自分に酔っていませんか?特に買う所の女の子だと何でも理解できていなくてもYesと答えてしまう傾向があります。送金とかは特に神様からの贈り物と考える傾向があり 日本の愛してるという重みと違ってI LOVE YOU は軽いのです。好き程度かも?
10年先の食扶持を考える民族と、今日の夕飯の事しか考えていない民族では大きな壁がありますのでご注意を…
来たらその時を楽しみ 次回は次回を楽しむなぜなら次から次と女の子は代り その子しか居ないというのはありえないからです。 送金するなら回数来て慣れるという事もだいじかもしれません。不思議なもので本当に愛情を持っているとお金送ってくれとは恥ずかしくていえないそうです。しつこく迫るって事は目的は…
ここは日本ではありませんのでその時その時を楽しむのが一番で実はパ-トナ-を何回変えても許される国なのです。カトリックだからというのはありません。長期滞在するとわかりますが、1/4くらいは子供の父親が違う。セカンドの旦那だと言う家庭があります。
勘違いを正しここは日本と違うのだという目でこの国にあわせて行くとこの国を楽しめますよ! お金を送金しなくても待っていてくれる事が伴侶としては大事ですね。

【2008/01/12 19:16】 URL | 7氏 #- [ 編集]

あえて騙されてあげる
1月に貴店に寄らせて頂きました、カツカレーなかなかのものでした。

さて、白人が本当に遊び上手なのでしょうか?遊び上手とは、相手を
騙すという意味では彼らは、日本人にはないマインドを持っていると思
います。

プリメーターの辺りのバーでよく見かける白人達は、ハッピーアワーに
ビールを舐めるように飲み、暇に任せてビリヤードして時間を潰す。
女にいつかはアメリカに連れて行くと嘘をつき、子供を生ませる。これが、
遊び上手なんでしょうか?

日本人の遊びベタは、私もそう思います。飛行機で隣になった、日本人
のオッサンが、フィリピーナに入れ込んで家を3軒貢いだそうです。「
君もそうなって欲しくないと」諭されましたが・・・私は「家を貢ぐほど入れ
込める相手に会ったなら、恨むのではなく感謝した方が良いのでは?」
と言っておきました。

あえて、騙されてあげるという大人の遊びもあるのではと?と最近、思い
ます。
【2008/02/20 22:37】 URL | FAT-PIZZA #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://syagekitsuusin.blog44.fc2.com/tb.php/84-659cd26c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。