日々の心模様
移りゆく心の模様を書き留めるぺえじ。 人の心は混じり合って複雑に。 ――いつかあなたも交わるでしょう――
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バリバゴフィールズに異変あり

急な話ですが今ゴーゴーバーが3件も司法当局の嫌がらせで閉まっています。
アメリカホテルに泊まっているお客(韓国人5名)が、女を連れ込んだという疑いで警察に売春及び買春の疑いで逮捕されたとも聞きました。
多分お金を渡しで開放されたとは思いますが、一連の事件の関連には、裏で政治家対経営者の攻防があります。
それは、ここアンギレスのメイヤーからここら辺で営業するゴーゴーバーに多額の賄賂を
(バーファイン1名に付き10%)要求されているらしい。(あくまで聞いた話)
しかたがないと、しぶしぶながらの賛成派と、あくまで反対すると言う、前メイヤー派の
(ブルナイルチェーン)今一番大きいゴーゴバーのお店でホテルや関連企業を持つ外資系のチェーンや、スイスホテルなどを経営する外資系。
いつ警察に踏み込まれるのか?何処の店がターゲットになるか?
マネィジャー、ママとも(入られれば多額のペナルテイか身柄拘束の上休業に追い込まれる)ので店側のダンサーやウエイトレス達、共に疑心暗鬼でひゃひゃもの。
この1週間ぐらい各店舗、みなぎこちない対応を迫られています。
なじみのお客さんには、バーファイインも隠れて(内緒だよと念を押され)女の子との待ち合わせ場所を指定し、お客を先に帰したりして一緒にお店を出ないとか
バーファインのお金をドリンク代に上乗せして伝票を書くとか、各店まちまちの対応だが、初めてのお客にはどの店もバーファインは今わもう出来ないし、やっていませんと言う。
何故なら、政治家達の息がかかった人に、四六時中、見張られているからだ、そうだ!!!
ここアンへレスバリバゴフィールズには、観光らしき風光明媚な場所が無い。
クラークの空港と米軍基地跡の経済特区ぐらいで、観光客の足を向けられる場所が無いにも拘らず、この地を目指す観光客が多いのは、ひとえにこの地のゴーゴバーが目当で、やってくるのです。
本当にそうなのです、私も最初はそうでした!!
なのに、ここバリバゴに落ちるお金を目当てに賄賂を要求する政治家達。
もしこの地にゴーゴバーが無くなれば、外国人の移転、離反や移住、経済全てに地盤沈下を起こし、投資家達にものすごい損失を出すのが解かっているはずなのに?
今や、この闘争はここにいる(観光客、定住組み)全ての外人を巻き込み、毎日噂が飛び交い、一大センセイションが巻き上がっています。
結果わどうなるか?どの様に落ち着くかは、未だわかりませんが、色いろな情報がお客さんからもたらされます。
解かり次第、又、報告のブログアップします。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://syagekitsuusin.blog44.fc2.com/tb.php/89-e883cfd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。