日々の心模様
移りゆく心の模様を書き留めるぺえじ。 人の心は混じり合って複雑に。 ――いつかあなたも交わるでしょう――
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィリピン人殺害事件について。
今色いろな情報が錯綜しいろんな未確認情報が入ってきます。
5年間の収監の後、日本に強制退去の処分が決まったとか?
フィリピン人の搾取に会ったというのは言い訳で、実はアパートを作った借金は奥さんが日本に出稼ぎをして返済していたという物です。
それなら家賃の集金も返済に充てられており、義理の息子の使い込みに当たらないとか?
第三者の私には思いがけない事ばかりが情報として入ってきます。
しかし当の本人から聞いたわけでも、事情を調査したわけでもありません、ですので事実は依然、藪の中で真実には迫りようもありません。
  ごめんなさい!!  自分の思いだけでこのブログに書いてしまいました。
お会いしたときのあの茶目っ気のあるあの笑顔に、優しそうな人だなーという印象が残り、とてもこんな大それた事が出来る人ではないと
思ったのです。
この件はこれで書くのを止めますが、異国の地で袖擦りあった隣人として、今後は微力ながら支援をしてゆきます。
こまった時の、遠くにいる親戚より近くの他人という事もあります。
私達近所の知り合いが助けなくて誰が支援の手を差し伸べることができるでしょう?
お店にこられたお客さんやご近所の知り合いに声をかけ減刑の嘆願書やこちらの刑務所はお金がないと大変だとも聞いております。
些少のカンパもお願いし具体的になり次第行動を起こして行きたいと思います。
追伸
心残りでは有りますが、私は15日~25日の10日間、確定申告のため日本に帰らねばなりません。
当店へ起こしのお客様にもご迷惑をおかけしますがあしからずご了承をお願いします。

(参考の為私の、信頼する友人からのメールを紹介しておきます。)
ブログを改めて読み直しました。確かに訂正した方が良いかも知れませんね?違和感を感じた所を書きますね(笑)

アパートがあれば将来食うに困らないと、いわれて持ちがねの大部分をつぎ込み、
アパートを作るがそのお金が全てフィリピン人たちの懐へ入り自分に廻ってこない
そんな時、私ならどうする?

大部分ではなかったようですね。
嫁が出稼ぎに行かなければ返済が覚束ないと言う所から推測すると
家賃の上がりを返済に回してしまえば生活費が無かったのではないか?

当初3年ほどはフィリピン人にはお金は回っていないのでは?
それどころか、フィリピン人の妻が稼いで借入金を返済し被告は
アパートの上がりを生活費に当てていたようですね。

大金をかけ立派な家をつくつたが義理の息子や親戚に居場所を奪われたなら、私はどうする?
これは間接的な搾取ではないのか?

最後まで居場所は奪われていません。
今回の事件はフィリピン人が搾取した形跡がない。

この国では土地建物一体は、日本人名義にはならない、だから嫁の名義となるが
夫婦は相互扶助の責任があるはずである。

区分所有にすれば日本人の名義に出来ます。
今回の物件ならば、問題なく出来たはず。

それを知らずというか勉強もせずに嫁の名義にした時点で諦めるべきです。
世の中の法律は「知らなかった」では通らないのは世間の常識です。
ましてホームページを開設し、フィリピン通のような事を言っていたのですから
何を言わんかや?でしょう。

また、嫁は日本から送金し、充分に相互扶助をしている。

喩え名義に載らなくとも夫婦2人の財産を一方的にフィリピン人側が管理し旦那は
パロパロだからと金を渡さないとしたらどうだろう?。

パルパロだから金を渡さないのではなく、差し押さえを回避するためですね。

日本人は恵んでもらうのか???元々自分のお金を土地建物に変えただけなのに!!

文字通り被告は恵んでくれと言っているのですよ。
働きもせずに「あれが欲しい、これが欲しい」というフィリピーノと同じでしょう?

自分のお金はせいぜい土地代金程度だったようですね。
建物は妻名義の借金。おまけにその借金は妻が返済している。
本来借入金を返済した残りは夫婦の共有財産となるはずが
被告が一人で使っていたようです。

こんな仕打ちが許されるものなのか? 深い話は本人から聞いた事が無いが、
彼を知る大方の人がこんな話をする。
彼が追いかけてまで撃ち殺すに、至るまでの経緯には相当バカにされた
(プライドが吹っ飛ぶほど)に違いないとも話が出た。

収入もないのに働かないのだから馬鹿にされても当然でしょう?
しかし今回はそんなに馬鹿にされたとは、本人のインタビューでも出てこない。

出てくるのは「収入を絶たれ追い詰められた」とのコメントだけです。
本来は借入金の返済に充当するお金を事件後も「収入」という勘違い?無知?が
今回の事件の背景にありますね。

国外にいる外国人(日本人)は立場が弱い、が、少なくとも持ち込んだ自分の財産は
確保できる体制が望ましい。

そんな体制の無い発展途上国に移住したのだから、その国のルールにのっとって
自分の身は自分で守るしかないでしょう?

体制を変えろと言うのは、内政干渉であり日本人の思い上がりだと思います。
「嫌なら日本へ帰れば?」程度にしか、この国の高官は思っていないのではないでしょうか?

私は彼を擁護しているわけではない、犯した罪は罪弁解の余地は無いが、
そんな所まで追い込まれる同胞が哀れに思う。

売り上げと収益の区別もつかず、お金を使い込み差し押さえ寸前と言う事は
商売に失敗し、サラ金に終われ夜逃げ寸前と言う事ですよね?

そんな状態に追い込んだのは自分であり、サラ金の取立てが厳しいからと言って
サラ金の担当者を殺しても日本で同情されでしょうか?

まして相手はサラ金ではなく、母親の資産を守ろうとしただけの義息です。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

>私達近所の知り合いが助けなくて誰が支援の手を差し伸べることができるでしょう?

こんな身勝手な殺人者に支援をする必要があるのですか?
あなたは知り合いだから助けたいと思うのでしょうが、店の客に嘆願書を書いてくれとかカンパを募ったりするのはやめた方が良いと思いますよ。
【2008/02/22 02:29】 URL | 客A #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://syagekitsuusin.blog44.fc2.com/tb.php/99-60b6bf2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。