日々の心模様
移りゆく心の模様を書き留めるぺえじ。 人の心は混じり合って複雑に。 ――いつかあなたも交わるでしょう――
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山越え 4-1)
やはり、少し雲がかかってますね!!でも今回は、高度7500位での山越えで良いでしょう、とKさんの声が掛かる。
あいも、変らず、エンジンの快調な音と、快適な空の旅は続く、眼下に、山脈の頂上近くにある湖が、見えてきた イヤー美しい。
既に、水平飛行に入り、快調、快調、なんか少し眠たくなってきた、うとうとの状態で気分も良い。
しかし、突然前方に厚い雲の層、回避を試みるも、大きすぎて避けきれないと判断したKさんが、雲の中に入ります!!。
通り抜けるのに、そう時間はかからないと思います、高度を保ち、慌てないで冷静に行きましょうと声が掛かる。
緊張が走る、雲の中に入ったとたん、360度、何も見えない、雨が、突然フロントグラスをたたきつける!!
ザーと音がする、エンジン音が少し変化し、翼も雨に洗われ、しづくが飛び跳ねる、気が気でない!!ゆれもつづく。
怖~いと感じる!!機長のNSさんも、私の顔を振り返る、大丈夫と目で合図をくれているのであろう??
機体がグワーングワーンと揺れる、精神的に生きた心地がしない、背筋がゾクゾク、体全体、カチカチに力が入る。
何分かかったのだろう? 解からないが 抜けた!!雲が徐々に薄れてゆく。
目の下一杯に、綿菓子のような雲の白い層、ふんわり浮いて美しい。
3人の顔が笑顔に戻る!!チョッと怖かったね、強がりが先行する私。
今回は、まだ揺れも、雨も、あまり多くは無かったが、雲の中は、危険が一杯ですので、なるべく避けた方が正解です!とKさんのお言葉。
もつと、揺れも、雨も、ひどい時を経験していますが、今日は少なくてよかったですね、とNSさん。
雲が薄れて、下のほうが見通せるようになってきた、陸地に続き、海の上を飛んでいる、海は青く光っている美しい光景だ。
目指すジョマリン島が見えてきた、グリーンの木々に囲まれた小さな島だ。
目印の赤い丸いテントが見えてきたタワーも見える、着陸態勢に入ったが、草地に囲まれどこがセンター?(滑走路の真ん中)か?
わからない、草を食べている牛の姿も見える、障害物が無いか確認を行い、もう一度旋回し着陸へと体勢を立て直しトライ。
がたがたの滑走路を172は降りた、子供達が集まりだし、大人も混じって出迎えてくれた。
多分私達は、きっとここの人たちにとっては宇宙人に見えるのだろう、知らない言葉を話し毎月1度か2度、空の上から翼に乗って舞い降り、現れる、知らない異邦人、しかしそんな私達を笑顔で出迎えてくれる島民。
島に1軒しかないホテルに案内してくれた、赤い屋根の平屋建て普通の民家のようだが、1泊500ペソという後でシャワーを借りるという事で、早速、自然の残る、島の先端におよぎに出かけた。


私の飛行日誌 4)
落ち込んでいる私に、Kさんが元気付けてくれた。
私だって、始めのころは着陸に失敗し、滑走路をはずして着陸し、インストラクターにどやされた、お前死にたいのか!!と。
恥ずかしい話、いまだかって滑走路をはずして降りたのは私だけだそうです!。
誰だって一度や二度は、パニックになります気を落とさず頑張ってください、そうそう今日3月19日NSさんがやって来ます。
彼も、なかなか、免許の更新書き換えがうまく行かず、セスナ172の、時間数をクリヤ出来るように飛びにやって来ます。
また楽しくやりましょう!
せっかく、いろいろな体験話をしてくださるが、まだ前回の恐怖が、頭にこびり付いていて、飛行にトライする勇気が出ない。
そんな時、NSさんが元気な姿を見せた、こんにちは!!お久しぶりです、とさわやかな笑顔で現れた。
Sさん、どうですか?進みぐわいは、と聞かれ、ここ数日間で起きた出来事や、飛行練習の時の恐怖、その他を、包み隠さず話した。
それは、それは大変でしたね!でも私にも何度か経験があります、心配ないですその内になれます。
5回目の飛行までは、私も飛ぶのが怖くて、学校え行く足が重たくて仕方が無いと言う経験を持っています。
”人それぞれいろんな経験をされているのだという事も段々解かってきた。
どうです!あさってKさんと私とで、ジョマリン島まで飛びますが、一緒に行きませんか?
小さな飛行場で、草地の滑走路ですが、手付かずの自然と、きれいな海岸線にホワイトサンド、そして美しい海が有ります。
山脈越えの為、高度7500フィイトで約1時間30分ぐらいで到着します、4人乗りなのでパッセンジャーとして乗り込んでください。
色いろ参考になると思いますよ!と誘われ、では、ぜひご一緒にと!行く事を決めた。
当日の朝7時に、ホテルまで迎えにいった、やはり日本人です、7時ジャスト全員がそろいオムニの飛行場へ向かった。
当日、少し雲がかかり、最良の飛行日和とは行かないまでも晴れ、天候を確認し、飛行機のチエックをはじめた。
ガソリン満タン、オイル良し、では出発しましょうと、インストラクターのKさんの声が掛かり、セスナ
172の後部座席に便乗した。
3人の飛行が始まる、離陸も快適、高度7500フィトまで、ゆっくりとあがる少し安心。
いつも練習飛行で飛ぶ、アライヤット山の、ふもと付近のエリヤが下に見える。
あの山のふもとの田んぼの上で、いつも練習しているだなー!なんて改めて感心している。
ベテランの操縦とはいえ、少し不安も持っていた、が!飛行は、順調、空は快適。
あーあーなんだプロペラが廻っている間は、飛行機てのは、落ちないんだ!!なんて感じがしてきて、少し余裕が持てた。

私の飛行日誌 3)
今日の飛行訓練はさんざんだった!
なれない機長に、早口の英語,2回目と言えど、上がってしまってうまく返事が出来ない。
滑走の練習も無いまま、即ランデングエリヤに入りそのままテイクオフ。
寿命が3年ちじまった。
もう少しで失速して遭えなく草むらに突っ込む所であった。
プタ、ゲナ、モ、バカかお前は、と罵声が飛ぶ、テイクオフの時、飛び上がるとは思わず、パワーアップをしなければならない時にスロットルを引きパワーダウンさせてしまったのだ。
インストラクターの機転により、何とか救われたが、もう心臓がなりっぱなし。
その失敗のせいか、次の訓練が,パニック状態,レフトターンも,ライトターンも,水平飛行も,もう完全に上の空。
操縦桿を握るのさえ怖い。
本当にこんな事ってあるんだと(頭が真っ白な状態で、何も考えられない、やる事がわからない)初めてこの年になって経験した。
憧れの世界は、恐怖と裏腹にあることを学んだ。
話では聞かされていた雲の中に入ってしまい右も左も解からず、パニックに陥り恐怖の時間を過ごしただとか!
エンジンが止まってパニクッタ(頭が真っ白になったとか)体験談もさることながら
今回、自分が体験してしまった!!
離陸6時45分、着陸8時25分、無我夢中で、飛んで過ぎた1時間30分であった。
着陸後、我に帰った私は、丁重にお詫びをキャプテンに伝え、オフィイスに引き返した。
キャプテンの、今日、私とのフライト日誌には、何と書かれているのだろう?
きつと、馬鹿な日本人が、とんでもない事をして、事故を起こしそうになった。
とでも書かれていることだろう!!
やはり言葉の解かる同じ日本人のインストラクターに同乗して欲しいと思う気持ちが強くなった。
早くKさんの免許が書き換えられて来ないかと期待しています。


私の飛行日誌 2)
本日、曇り時々少量のにわか雨という気象条件の中、3時にインストラクターのKさんと待ち合わせをしてオムニに向かう。
バイクにまたがり意気揚々と出かけた、しかし今日もキャンセルの公算が出てきた。
雲が多く、少量ではあるが、にわか雨も降り出す始末、多分大丈夫のだろうと、Kさんが言う。
4時のフライトが天候の為少し遅れると言う、でも!!フライトプランは、書き上げて、キャプテンの登場を待った。
またそこで、オムニのマネージャのコウラさんがやって来て、ミスターSさん今日は、ジョセフさんが都合により来られません。
ですので、新しいキャプテンを紹介します!、今日のフライトは、キャプテン ボッドが、担当します。
エー!!そんな話は聞いて無いよー!!チョッとびっくりしたがそれも仕方ないと諦め、フライトコンディションの回復を待った。
4時30分やっとOKが出た。
早速飛行機の点検に取り掛かり、チェックが終わるのをまってキャプテンが早速の乗り込む。
エンジン始動、発進用の点検をし、ランデングサークルまでのヨチヨチ歩き、スロットル全開のテストが続く。
いよいよ滑走路に入る。
プロペラが2500以上の高速回転となる!真直ぐ直線コ-スに進入、操縦桿をグーイと引く、ふわっと機体が中に浮く。
と、、飛んだ!!どんな感じか!何かゴムボートに乗ったときのような感じに襲われる。
いや水の上じゃない空気の海に乗った感触だ!!ずーッと飛行機は上昇をつづける!!雲とセスナのノーズしか見えない。
でも今飛んでいる、という感触だけはお尻の下に感じる。
2500フィート、水平飛行に入る、やっと前が見えてきた、地平線に鼻先を向けウイングレベルとインストラクターの指示が飛ぶ。
肩に力が入りすぎ、操縦桿を握る左手腕が痛い、右旋回、左旋回、スロットルの回転数を上げて操縦桿を引け!と声が飛ぶ。
飛行機が傾く度にひゃ汗が出る。
リラックス、リラックスキャプテンの声も、今わむなしく響く、周位の景色を楽しむ余裕など今は少しも無い。
目に入るのは、前に山がある、下は田んぼが広がっている!てなもんである。
1500フィートまで降りろとの指示で、操縦桿を押す、もっとスローに!!キャプテンの声がする!!
何か、真っ逆さまに落ちていくみたいな気がした、はーあ~とため息が洩れる。
アーユウ-ナーバス、ユーOK ドントウォ-リ!!心配ない、大丈夫と声を掛けてくれるが、生きた心地もしない。
さーあ帰りましょう!もう一度高度を1500まで落とし、高速道路が見えてきたらそれに沿って飛んでください。
左手にオレンジの屋根が見えてきたら、左旋回オムニの滑走路が見えますか?イエース キャプテン!!
では、フラップを降ろし、エンジン回転を1700まで落としたら、フラップをもう一段落とし着陸体制に入ます。
機体はゆっくりと速度を落としフワーッと風に乗った、良く覚えていない!!
どーんと鈍い音がして、機体は地上に降りた。
軽くブレーキを3回エンジン回転を落とし駐機場所に戻る。
最後の点検確認を行いエンジンを切った。
深いため息をして、地上に戻れた事を喜んだ、初めてのフライトであった!!。


私の飛行日誌 1)
3月14日私の初フライトの日がやって来た。
朝4時におきて、準備を始めた、いつもの手順で顔を洗い、歯を磨き、服を着て、あらかじめ外に止めてある車に乗り込む。
未だ外は暗い、前もって頼んでおいたインストラクターのKさんを迎えにホテルまでいった。
約束の5分前に彼は現れ、車に乗り込む、車はオムニに向かい、まだ暗い道を走り出す。
でも案の定、オムニのオフィイスに電気は、ついていない。
(フライトの生徒があるのにちょっといい加減)
メカニックの人に声を掛け、オフィスの鍵を開けてもらい中に入るが、クラーク飛行場の無線タワーの信号は未だ夜間用の白と青の点滅で、全ての飛行機の発進が出来ない状態であった。
しかし空は白々と朝焼けになりつつある。
そんな中、整備士により、セスナの始発点検のエンジン音が響きだす。
さあいよいよだと気持ちを引き締め、フライトスケジュールを書き始める。
そんな準備をしていると、本日の私のインストラクター、キャプテンジョセフが顔を出した、グットモーニングハウ アー ユウ ディス モーニングと、私のことを気づかってくれる。
大丈夫快調ですと返すと、では飛行機の点検を、してくださいと指示された。
さあ飛行前の点検に取り掛かり、ハンドルロックをはずし、各計器類、翼の動く部分のねじの点検、胴体の点検、尾翼の点検、ガソリンタンク、燃料の量、オイル、プロペラ、タイヤ、等々の点検が完了し操縦席に乗り込む。
ヘッドセットをセットし、シィートベルトを閉め、ドアロック、キーを差込む、プロペラエリヤに人がいない事を確認しエンジン始動、プロペラが廻りだした。
手で、アクセルを調整しながら、セスナを地上で走行させる。
これが又難しい、初めての挑戦の為、真直ぐ進まない、垂直尾翼だけのペダル操作で、真直ぐ進ませる事など初めてでペンギンのよちよち歩きみたいに、セスナの頭が振れる、草むらに突っ込みそうになるが、ジョセフが修正してくれる。
やっとの思いで、テイクオフのランデングサークルまで、たどり着いたが、無線の調子が悪い。
何度呼びかけてもタワーが応答しない、メカニックを呼び修理させるが一向に回復の見込みが無い。
マイクを取替え再び挑戦したが接触不良が直らない。
何度もトライを繰りかえしたあとに、キャプテンジョセフが言う、ミスターSさん ソリー、安全の為、今日のフライトは、キャンセルしましよう。
遭えなく本日の飛行は、ラジオコミニケイション不良により17日の午後4時のフライトに持ち越さた。
朝から気合の入ったスタートだったが、あーあ、骨折り損の、くたびれもうけになりました。!!
期待が大きいだけに、がっかりも大きい、初フライトのりポートは次回に!!乞うご期待!!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。